About

町田 天音(まちだ あまね)


NHK東京児童合唱団在籍中から、著名なマエストロやソリストとステージで接する機会に恵まれる。成蹊高校在学時に奨学金を得て、アメリカ、ニューハンプシャー州のセント・ポールズ・スクールに留学。インディアナ大学ジェイコブズ音楽院(アメリカ)卒業。リリック・オペラ・スタジオ・ワイマール(ドイツ)にて『フィガロの結婚』スザンナ、『魔笛』侍女/童子2を歌う。新作オペラ公演団体New Voices OperaやNOTUS現代音楽アンサンブルなどを通し、現代の表現者の作品も積極的に演奏している。オースティン・B・カースウェル賞受賞。TIVAAサマーワークショップ、SongFest等に参加。これまでに声楽を寺島夕紗子、マーク・クリーブランド、カルロス・モンタネ、メルバ・ラモスの各氏に師事。

A Japanese soprano, Amane Machida, is a recent graduate of Indiana University Jacobs School of Music. She made her role debut as Susanna in Le nozze di Figaro at Lyric Opera Studio Weimar in 2021, where she appeared as Zweite Dame and Zweite Knabe in Die Zauberflöte in 2017. In previous summers, she participated in SongFest and Tokyo International Vocal Academy. She was a member of NOTUS: IU Contemporary Vocal Ensemble.

Amane loves creating music with her friends and has been actively performing new compositions to share messages of living artists.

She received the Austin B. Caswell Award in recognition of her academic paper, “A computational music analysis of Handel’s two divas and their musical taste.”